無罪 再び!!

無罪 再び!!


2015年1月21日(水)午後2時より行なわれた、NOON裁判控訴審の判決にて、大阪地裁での一審に引き続きNOONが「無罪」を勝ち取りました!

ご支援を頂いた沢山の方々に心から感謝致します。

以下は弁護団声明です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 大阪高等裁判所第4刑事部は本日,無許可で客にダンスと飲食をさせる営業を営んだとして風営法違反に問われ,第一審で無罪判決を受けた金光正年氏について,検察官の控訴を棄却する判決を言い渡した。
検察官は,客にダンスと飲食をさせる営業は,一律・形式的に公安委員会の許可が必要との主張を展開した。これに対し,本判決は,検察官の解釈は過度に広汎で,適法な営業も規制対象に含んでしまうとして,風営法2条1項3号の「ダンス」を「男女が組となり,身体を接触させるのが通常の形態であるダンス」に限定し,このようなダンスを客にさせる営業のみを規制対象とすべきとして,検察官の主張を退けた。
他方,検察官が,ダンス営業規制の趣旨を不当に拡大解釈し,薬物の蔓延,窃盗・傷害など,夜の繁華街のあらゆるトラブルの防止が目的と強弁した点については,ダンス営業規制の主たる目的が,性風俗秩序の維持と少年の健全な育成を障害する行為の防止にあるとしつつ,薬物の蔓延,粗暴犯の発生や,騒音や振動による環境悪化の防止も,風俗環境を保持するための一要素として考慮できるとした。ただし,これらの問題はあくまで副次的に考慮できるに留まるとし,これらのみを理由とする規制は否定したものと解される。
 裁判所は,検察官の主張した風営法ダンス営業規制の形式的解釈が憲法31条に反する過度に広汎なものであることを示唆し,ダンス営業規制が,表現活動に対する制約となり得ることに言及しつつも,法令の違憲性は認めなかった。私たちが指摘してきたとおり,風営法ダンス営業規制は,憲法の保障する表現の自由・営業の自由を不当に制約し,捜査機関の恣意的な取締りを統制できない曖昧な刑罰法規である。裁判所は,金光氏の無罪を明言するだけでなく,時代遅れの法律を違憲と断じ,引導を渡すべきであった。
 私たちは,ダンスを指標に人を罪に問う営業規制の不合理さを訴え続けてきた。ダンスを,享楽的雰囲気を殊更に煽るいかがわしいものとしか捉えず,クラブで行われる多様な表現活動の文化的価値を認めない,化石のような価値観に異を唱えてきた。
本判決は,私たちの指摘に応え,ダンスの多様化,売春防止法の制定や社会・風俗環境の変化により,ダンスを指標とする営業の一律規制が合理性を失ったことを明言した。私たちの主張が常識に適い,多くの共感を生んだからである。クラブ経営者,DJやVJらクラブを拠点とするアーティスト,クラブに限らず,音楽とダンスを楽しむ多くの人々が,裁判の推移を見守り,支援を惜しまなかった。審理経過は,マスメディアやSNSを通じて周知され,多くの支援の声が寄せられた。ダンス営業規制の是非を問うたドキュメンタリー映画「SAVE THE CLUB NOON」が各地で上映され,そのタイトルは,ダンス営業規制に疑問を感じる皆さんの合言葉となった。彼らの共感と支援なしに無罪は得られなかった。金光氏とNOON裁判を支援し,共感を示したすべての方々に対し,厚く御礼申し上げる。
第一審無罪判決は,風営法の改正議論を強力に後押しした。ダンス営業規制の撤廃を盛り込んだ風営法改正案は,まもなく始まる通常国会で政府提出法案として審理される見込みである。金光氏の無罪を再び宣言した控訴審判決は,さらに法改正を加速させるだろう。
このような状況にあってなお,本日の控訴審判決に不服を申し立てるのは,時代の流れに逆らう愚行である。検察官は,公益の代表者の名に恥じぬよう,本日の控訴審判決を厳粛に受け止め,金光氏を一刻も早く被告人の地位から解放すべきである。
   平成27年1月21日
NOON裁判控訴審 弁護団長 弁護士  西  川  研  一