初公判

初公判


いよいよ、金光さんの裁判が10月1日に初公判を向えることが決定しました。
多くの方に傍聴席で傍聴してもらえるように応援おねがいします!

弁護団長より、公判傍聴のお願いのメッセージを頂きましたので、こちらも記載させて頂きます。


弁護団長

10月1日から行われる、SAVE THE NOON訴訟の公判についてお知らせです。

<第1回公判期日>
  日  時:2013年10月1日火曜 午前10時開廷
  場  所:大阪地方裁判所201号大法廷
・傍聴席は、傍聴券配布か先着順となりますので当日はお早めにお願いします。
・第1回公判では、金光氏意見陳述や弁護団冒頭陳述などを予定しています。
・公判後は、弁護士会館にて報告集会を予定しています。

NOON訴訟は、冒頭の手続き、そして証人尋問なども、通常の刑事裁判とは少し異なる内容となってます。
傍聴席にも分かりやすい手続き進行を行いたいと思っておりますので、ぜひ多くの方に傍聴いただきたく、お願い申し上げる次第です(傍聴お願いとプレスリリースのペーパーを改めて添付しておきます)。

10月1日の第1回公判期日
・人定質問や検察官の起訴状朗読など

・金光さんによる公訴事実に対する意見
・弁護人による公訴事実に対する意見
~ いずれも、この裁判がいかに不当かについて、それぞれ意見を述べます。

・弁護人による冒頭陳述
~ この裁判で何を明らかにするのかを、分かり易く、弁護人からお話しします。

・証拠の説明
~ 弁護人からこの訴訟で請求する証拠がどのようなものかについてパワーポイントも使いながら説明します。
  このなかで、摘発当日にかかっていた曲をCDでかけたりします。

第1回公判は、午前10時から開始して、昼休憩をはさみ、午後2時か3時まで行う予定です。

その後、弁護士会館に移動して、報告集会~金光さん、弁護士からの裁判報告、各分野からのあいさつなど~を行う予定です。

第2回後半以降は、証人尋問です。
証人尋問を行うのは、
・当日のNOONに来ていたお客さん5名
・NOONのスタッフ3名
・捜査を担当した警察官4名
・捜査を指揮した警察官など3名
・憲法学者など研究者3名
・金光さん本人
というラインナップです。

12月までに5、6日間の期日があり、以上の証人尋問をこなします。
証人尋問を含む証拠調べでは、『ダンスさせる営業』を規制することが憲法に反しないか、規制対象となるような『ダンス』は明確なのか、実際にそのような『ダンス』がNOONでなされたのか、そもそも風営法が規制した目的は何か、それは現代でも当てはまるのか、など多岐にわたる興味深い内容になると思います。

傍聴してもよくわかる内容にしていきますので、ぜひ、多くの方の傍聴をお願いします。

◆お問合せ先:NOON TRIAL SUPPORT info@noon-trial.com/

※記事TOPの写真は、弁護団結成当時、金光さんと弁護団がNOONにて現場検証し裁判の会議を行っているカットです。